ペット葬儀の基礎知識|葬儀の種類・費用相場・流れ・葬儀社の選び方などを解説!

当サイトでは、ペット葬儀のプランや費用相場、流れ、当日の服装や持ち物といった基礎知識を解説しています。
現在、ペットブームの影響もありペットの葬儀を検討する方が年々増えていますが、人間との葬儀とは異なる部分も少なくありません。
スムーズに葬儀を執り行うためには、ペットの葬儀についてきちんと理解しておくことが大切です。
また、近年はペットの葬儀を取り扱う業者が増えていますが、中には悪徳業者も存在しているので業者の選び方についてもしっかりと押さえておきましょう。

ペット葬儀の基礎知識|葬儀の種類・費用相場・流れ・葬儀社の選び方などを解説!

現在、大切なペットが亡くなった際に、人間と同じように葬儀を行う方が増えていますが、スムーズに葬儀を行うためにはプランや費用相場、式の流れといった基礎知識をしっかりと身につけておくことが大切です。
加えて、ペットの葬儀に着用していく服装や持参する持ち物についても確認しておきましょう。
また、近年ペット葬儀にまつわる様々なトラブルが報告されているので、悪徳なペット葬儀業者の特徴や優良な葬儀社の選び方を押さえておくことも大切です。

ペット葬儀とは?葬儀の種類別の特徴

ペット葬儀は大きく分けて合同葬、立会葬、個別一任葬、訪問火葬4つの種類があります。
それぞれの特徴を知り、自分のペットに合った葬儀を行ってあげましょう。
合同葬とは他のペットを合同で火葬を行い、合同で埋葬する方法です。
他のペットと合同で行うため返骨はされませんが、他の葬儀に比べて費用を安く抑えられるのが特徴です。
立会葬は出棺から納骨まですべてに立ち会えます。
人間の葬儀に近いため、ペットを最後の別れをゆっくり過ごすことができるでしょう。
個別一任葬は、個別で火葬やお骨上げをスタッフが行ってくれる方法です。
葬儀後はスタッフがご遺骨を自宅まで届けてくれます。
忙しくて時間があまりない方におすすめの方法です。
訪問火葬は、炉がついた車が自宅まで赴き、火葬を行ってくれます。
近くにペット葬儀ができる場所がない方やなじみのある自宅で葬儀を行いたい方にはぴったりな方法です。
お骨上げできる場合もあるので、業者に確認してみましょう。

ペット葬儀にかかる費用の相場を押さえておこう!

"

ともすると無味乾燥になりがちな生活を豊かにしてくれるものにペットがあります。
ペットの何気ない仕草が私たちの心を和ませてくれます。
無邪気な振る舞いは私たちの心を豊かにしてくれます。
子供が一人増えたような感じを受けますが、色々な面で従順な態度というものが、より私たちの愛情を注ぐ対象となります。
ここで知っておかなければならないことがあります。
私たちの寿命に比べ、ペットの寿命というのは大変短いものです。
そのようなことから、私たちは必ずと言っていいほどペットとのお別れをしなければなりません。
別れの際には、人間と同様にペット葬儀も行ってあげたいものです。
ただ人間の場合とは異なり、ペット葬儀の費用に関する情報というものは十分にはありません。
規模としても人間に比べれば小さくなりますので、なかなか費用について知ることは難しいものがあります。
しかし、このようなことに乗じて法外な料金を要求する業者も出てきますので、色々と調べてペットに関する葬儀の相場を知る事が必要です。
葬儀については、ペットの種類と体重によって決まるという場合が多く知られています。

"

ペット葬儀はどのような手順で行われる?ペットの死から葬儀を終えるまでの流れ

"

ペットが亡くなった場合悲しみに暮れるばかりで、どのようなことを行ったらよいのかわからなくなってしまうことが多いです。
ペット葬儀の流れや手順を事前に知っておくことでいざという時に役立つので、把握しておくと良いでしょう。
ペットが亡くなってからまず行うのは、ペットの体勢を整え体を清めることです。
死後硬直が始まってしまうとお棺に入った時にうまくお花などを飾ることができないことがあり、お別れを満足いくものにすることはできません。
そのためできるだけ早くに体勢を整え体を清めることが大切です。
その後ペット葬儀会社にプランと日程を相談し、具体的な火葬の日を決定します。
火葬までの期間があいている場合は腐敗を防ぐために、保冷剤を置く、涼しい場所に安置するなどの工夫をしてください。
ペット葬儀当日は人間と同じように読経が行われ、お見送りが行われます。
火葬に立ち会う場合はその場で待機をし、お骨を家族で拾い上げ骨壺に納めて自宅に持ち帰るか、埋葬を行います。

"

ペット葬儀後の供養方法を確認しておこう!

"

ペットの私たちの生活大変豊かにしてくれます。
その無邪気な仕草は、まるで子供のようです。
そのようなことから、長年一緒に過ごしていると愛情が大変湧いてきます。
日常の味気ない生活を豊かにしてくれ、生きる張り合いを与えてくれます。
日々の生活が大変生き生きとしたものになってきます。
日常に散歩を行うことなどは、私たちの生きがいにもなってきます。
このように私たちの家族の一員となるペットなのですが、忘れてはいけないこととしてベッドの寿命は私達に比べ大変短いという事です。
およそ10数年で多くのペットは亡くなってしまいます。
そのようなことから、人間と同様に手厚くペット葬儀を行ってあげたいものです。
では、このペット葬儀を行った後の供養方法はどうしたらいいでしょうか。
多く行われているのが、ペット葬儀場に併設されているペット霊園に葬るというような事が行われます。
人間と同様に時折ここに訪れて祈りを捧げることになります。
遺骨などを手元に置いて手元供養を行うというようなことも行われます。

"

著者:兵藤高広

筆者プロフィール

大阪府大阪市出身。
ペット葬儀会社に長年勤務し、数多くのペットを見送る。
自身の体験をもとにペット葬儀についてまとめています。
ペット葬儀